« ひび切れ | トップページ | こんばんは »

もうひとりの私

いつからかな?

まだ10代だった頃の遠い昔

「駅前に居たから声を掛けたけど

  何で無視したの?」

当時、中学1年になったばかりの私に

夕方友人からのTELだった。

「え? 何時頃?」

時間を聞いたらもう帰宅してた。

「それ、私じゃないよ。 その時間は家に居たもん」

「えーーー! だって間違える分けないよ。

  あれは***ちゃんだったよ!」

その頃は頻繁に、そういう出来事があった。

私じゃない!

って言っても誰も信じてくれなかった

今で言えば、何シカトしてんの?

そんなふうに良く言われてた。

似てる人が居るんだな~・・・・・と

当時はあまり気にしてなかったが

それから数十年後

「お前の、か~ちゃんパチンコで会ってさぁ~

  挨拶したよー」

息子が

「うちの、か~ちゃんパチンコしないよ。

  誰かの間違いじゃないの?」

「いや、お前のか~ちゃんだよ。 向こうも

  挨拶返してきたし・・・」

そのやりとりを息子から聞いて唖然とした。

息子の言うとおり私はパチンコを含め

ギャンブルは一切しない。

10代の時はよく、そういった現象があったけど

20代には全くなかったからだ。

しかも

共通の話題で会話をしたと言うから驚いた。

ドッペルゲンガー現象って

確か体調が良くない時とか

マイナス思考になってる時とかに

現れる現象だと聞いた事があったけど

この歳になっても、そんな事を無意識にしてるから

疲れやすいのかな? (@Д@;

« ひび切れ | トップページ | こんばんは »

不思議な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1059260/25485893

この記事へのトラックバック一覧です: もうひとりの私:

« ひび切れ | トップページ | こんばんは »